そうとうたわいない話

はじめての育児_おむつ用ゴミ箱を用意しなくていい理由

 

 

突然ですが

韓国が好きで始めたブログが韓国に行けず

ほったらかしになっていてもったいないので、

日々の育児やポチポチ活動(通販)の中で得た

気付きをシェアしていきたいと思います!

 

 

 

どこかの誰かの役に立つかも?

 

 

 

 

 

「きゅうり」と「キウイ」の発音の違いを説明されたときの娘の顔がこれです。

 

 

 

 

はじめての育児

おむつ用ゴミ箱を用意しなくていい理由

 

 

 

 

 

さて育児にしてもどちゃくそニッチなトピックですが

子が新生児期から2歳の今に至るまで、一貫して結論がぶれず

地味に言いたくて仕方なかったことをここに書きます。

 

それは

妊婦の皆さん、

おむつ専用のゴミ箱はいりませんよ

てこと

 

 

なぜこんなことを言う?と思うかもしれませんが、

妊婦が読む雑誌の「出産準備物リスト」に

おむつ用ゴミ箱

と書いてあったり、

アカチャン本舗に何種類もゴミ箱が売っているので

はじめての育児で必要なものなど見当つかず不安な妊婦さんは

「必要なのね、どれにしよう!」と用意する(私)。

 

私はこれを買いましたわ。

 

しかしどうでしょう

使わなかったじゃないですか。

今やこのありさまです、普通のゴミを入れる

ださいレギュラーゴミ箱になりました。

フタに関しては行方知れずです。

 

おしゃれで使い勝手のよいゴミ箱とは、

という問いに未だ答えを出せていませんが

次の引っ越しでこれはさすがに変えようと思います。

 

 

最初は真面目に使おうとしたのですが、

超絶面倒くさがりの私にはどうにも合わず。

理由は以下。

  • すぐリフィル交換が必要になり面倒(新生児期はおむつ替えが頻回)
  • 専用リフィル(ゴミ袋)の購入が面倒かついいお値段
  • 捨てるときのくるくるねじる操作が面倒(かつうまくできない)
  • レギュラーゴミ箱の他にまた別にゴミ箱が増えるわずらわしさ

 

では私にとっての最適解は何だったのか…

こちらです。

 

医療用ゴミ袋の技術が使われた、

1回使い切りサイズの袋です。

これは口を堅く結ぶと本当ににおいが漏れないので、

普通のゴミを捨てるレギュラーゴミ箱に捨てちまっても

全く問題ありません。

 

おむつのサイズが小さいうちは上のSサイズを、

ウンチが量出るようになったりおむつがビッグになってきたら

↓のMサイズの袋を使うと結びやすいでしょう。

 

 

 

Mサイズの袋にビッグサイズのおむつを入れてみた写真です。

余裕をもって口を結べます。

 

 

Sなら200枚入り、Mなら90枚入り、

価格はサイズによりますが1000円代。

おむつ替え頻回期だと安くはないですが、

私はおむつ用ゴミ箱リフィルを買うよりコスパもよいと思います。

 

 

 

 

さらにこのゴミ袋は、自宅のみならず外出先でも活躍します。

おもらししたらズボンを入れて帰れる、

おむつが捨てられない場所(カフェのトイレとか)で

おむつ替えをしても、袋に入れて持ち帰れば

家まで臭くない。

ぺらっぺらで荷物にならないし、おむつを卒業した今でも

「もらしてもケンチャナ」の心で

お守りのように荷物に入っています。

 

 

おむつ用ゴミ箱を比較するときに

消臭効果・容量・使いやすさ

などが検討されますが、このゴミ袋を使えば

オールクリアです。

においがそもそも漏れないので消臭効果は要りません。

 

 

 

 

もちろんこの世のすべてはケースバイケース

おむつ用ゴミ箱があった方がいい場合もあるでしょう。

例えば、いつもおむつを替える部屋にはゴミ箱がない

場合とか。

我が家はマンションでほぼワンルーム状態なので

2、3歩歩けばすぐレギュラーゴミ箱なのです。

(レギュラーゴミ箱って何)

 

 

ゴミ箱の処理が一個増えるのって地味に手間です。

そしてゴミ箱一個分のスペースが埋まるか空くかは、

TOKYO狭小マンションに住む者にとってでかい差です。

 

 

 

慣れたママには旧知のゴミ袋ですが、

私は出産前に知らずゴミ箱を買ってしまったので

(出産後しばらくして、情報に強い友人が教えてくれて

そっこー乗り換えました)

赤ちゃん用品を揃えねばとお考えの妊婦さんに届くといいなと思います。

 

 

 

 

 

韓国に行けない間は、このように大半の人にはどうでもいいが

誰かは同じように思っているだろうことについて情報共有して

まいります。

 

どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

 

参考になる韓国ブログがたくさん↓
ブログ村 韓国旅行カテゴリー

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です