소소한 이야기 たわいない話

새해 복 많이 받으세요 ! 新年のご挨拶

 

 

 

 

あけましておめでとうございます

2020年

もよろしくお願いいたします ❗️

 

 

 

 

オリンピックが東京に決まったときは、2020年なんて
ずっと後のことのように感じたのに、もうなっちまいました。
2年以上を妊婦→子育てに費やしたのでよけいに早く感じるのかもしれません。

 

 

韓国巡りに関しては、
2015年にはじまり2017年には年6回行くほど充実していました。

 

私のお気に入りカフェ
明洞ちかく SMALL HOUSE BIG DOOR
トドンチプの絶品肉チヂミ
どのカフェのトイレかわかる人は韓国カフェ準1級

 

カフェ・맛집開拓に加え、洋服の買い付けも始めたりして小さい挑戦のある日々はあっという間に過ぎました。

 

明け方の東大門にて
リネンのワンピースは使えた
ビルを回って深夜に食べるラーメン

 

2018年に妊婦になってからはかなりセーブすることになりましたが、ペースが落ちても韓国に行きたいという気持ちは変わりません。

2019年はなにげに3回渡韓しました。プロの韓国好き(?)からしたら少ない回数ですが、ママからしたら「よく行ったね!」と言われる回数です。協力してくれた&一緒に楽しんでくれた家族に心から感謝。おかげさまで限界までストレスを溜めずに育児できました(孤独な育児とは闇)

 

こうは言ってもママになったのは韓国活動にマイナスの影響だけではありません。
新しい発見がありました。
子連れ韓国旅行のホテル選びのコツとか、日本よりいけてる子ども服を安く入手するにはとか、韓国のキッズカフェがとてつもなくクオリティ高いとか、友達から韓国の子育て事情を聞けたりとか…

 

キッズカフェにて  買われていくの?
鯖のぬいぐるみ持って楽しそう
鯖を放る1秒前

 

 

ママでなければいらない情報も多いかもしれませんが、必要になったときにほしい人に情報が届けばいいなと思います。

 

子連れ済州 みんな親切だった

 

韓国好きがママになって渡韓を我慢しなきゃいけなくなって、どうにか子連れで行くことを画策する– というのは、根っからの韓国好きなら考えうる事態かと思います。

 

これからも、自分のできる範囲で韓国の魅力を知っていきたいし誰かに知らせていきたいと思います。

 

 

 

 

 

さて2019年はどうだったかというと。

 

初育児、保育園探し、職場復帰など向かってくるやらなきゃいけないことをさばくのに必死で、こなしたとは思いますがやや受動的でパワフルさに欠けた1年であったという、ふわっとしながらも確かな所感。

 

(例)

走りたい<眠りたい
 (どうせ数時間後に起こされるので子が寝たら寝たい)

ブログ書きたい<眠りたい
 (パソコンの前で寝落ちすること多々)

韓国語単語覚えたい<眠りたい
 (ほんとよくないんだけど疲れて睡魔が勝つ)

 

以前なら睡眠時間を1、2時間削ればできていたことが、
毎日細切れ睡眠で眠くてできない。
一刻も早くオフトンに滑り込みたい1年だったと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

そんな1年の翌年、2020年は何をするか。
(書いて自らを追い立てるベタかつ古典的なブログスタイルに今乗っかりたい気持ち)

 

ブログのテーマである韓国関連のことにしぼると、

 

TOPIK6級をとる

TOPIK=韓国語能力試験の最上級である6級をとりたいです。

今4級です。万年4級。
今の自分の環境で、韓国とよりつながるために最大限何ができるかといえばこれだと思います。ソウルのカフェの訪問件数を稼ぐことでもなく、ショップをむりに開けることでもなく、韓国語の勉強。

地味でアドレナリン出ないけど、韓国関連の仕事をしたり、韓国の友人と深い話がしたいなら確実に必要だと痛感してきました。いままで、「行ってやってみればなんとかなるっしょ!」という性格のままとりあえずやってみて、それでなんとかなったりしていたのですが、韓国に行けば行くほど
「もっと細かく分かり合いたい、説明したい、交渉したい、笑いをとりたい…」
という悔しさが積み重なっていきました。

長期的な視点で考えて、今は地道に土台を築くときと割り切り、今年は韓国語の能力を上げたいと思います。他人にも示せる実力の指標としてのTOPIK6級です。

 

 

韓国に2回は行きたい

夫が韓国はおなかいっぱい(つまり飽きた)と言っている今、家族旅行は難しいでしょう。さらに今年、仕事の関係で台湾家族旅行を計画しているので、韓国旅行は絶望的に無理でしょう。なので一人旅か友人とでちょちょいと行かせてもらえる術を模索しています。

子とは一緒に行けるかな??

行かなきゃブログも書けないYO

 

 

体力を戻す

夜な夜なジムに行ったり近所を汗だくで走っていた2017年。

あの頃は筋肉がありスタミナもあったので、夜の東大門で重い荷物を持ってファッションビルをはしごすることも厭わなかったのですが、全く汗をかかない日々を2年間過ごした結果、体力が落ちてしまいました。体重は同じでも筋肉が減り、一日が終わるころには濡れたあんぱんまんのように力がでな~い 
すぐ疲れるのですぐ眠くなるようになってしまいました。
(加齢という説は断固応じない)

11月に行った韓国でも、夜通し買い物する意気込みだったのに、眠くて22時にホテルに帰るような健康的な旅行になりました。

意識しないと運動する時間を全然とれないので、2020年は心を鬼にして(夫に寝かしつけを覚えさせかつ休日夫に子を任せて)時間を作りたいと思います。

 

育児してればいいんじゃないの?体力つくんじゃないの?疲れるんでしょ?と思ったそこのあなた。
説明しよう!
育児で体力はつかないし全身の筋肉は鍛えられない。汗も流れないし発達するのは求めてない抱っこ筋だけである。育児が疲れるっていうのは、常に他人に合わせてせわしなく動いているのが心身共に疲れるのだ(個人の感想です)。違う!もっと負荷がほしい!5キロ走ったりマシンで筋肉痛になるくらいの負荷が!

 

旅行こそ時は金なり。

私は旅先ではホテルでマッタリするより
1つでも多くのことを体験したいと思っています。
分刻みで予定を詰め込むのが好きなのです。

そのために、体力づくりは必須です。

 

 

 

 

 

 

もちろん買い付けもしたいですが、
バタバタした状態であまり調査もできず仕入れても、
あまりいいものを届けられない気がして…

 

たまに「またあんな商品を置いてください」というお声をいただくととてもうれしく感じています。

こんな商品があればいいのにというストックは常に自分の中にあるのですが、実現をあきらめず、できることから取り掛かるとします。それまでは駄文を読みながらお付き合いいただければ幸いです。

 

 

 

 

 

母になってまで私を惹きつける韓国の魅力ってなんなんですかね。

それはまた何かのときに話したいと思います。

(飲み屋3軒はしごできそう)

 

 

基本いつでも値段以上に盛りがいい。
センス
韓国の花屋は日本のよりおしゃれに見えるのはなぜ
店主がこだわって本をセレクトするおしゃれ本屋も多い

 

 

 

 

 

 

このブログを読んでくれる方々に特に幸多き一年になりますよう🌸

 

 

 

 

参考になる韓国ブログがたくさん↓
ブログ村 韓国旅行カテゴリー

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です